インナーブランディング広報サポート

アウターと見せかけて、インナーでした。

ファッションの話ではありません。企業発信(広報)の話です。

人事コンサル会社時代、人事チームは理念浸透のための管理職研修や面談、アクションプランなどを推進していて、広告出身の私は、人事チームとも連携しながらアウター領域(タグライン・ロゴマーク・ブランドブック・コーポレートサイトなど)のディレクションを担当していました。

そこでの経験から、ある日ふと気付いたのです。

アウター向けのプロジェクトと見せかけて、インナーブランディング(理念浸透、社内広報)やるのって、いいね。と。
いいね、というのは、社外のすべての人たちから「自分たちが見られる意識」があるからだと思うのです。(後述)

例えば、コーポレートサイトや採用サイトを一つ作るのでも、担当者・担当部署があると制作サイドとしては楽です。意思決定が早いから。
でも、そこを理念浸透チームと議論を積み重ね、みんなの意見をどう取りまとめるか?から一緒に考えながら作る。コンセプトはもちろん、サイトツリーも、コンテンツも、構成も、見せ方も、一緒に考える。

すると「そもそもうちの会社ってどうあるべき?」「そもそもこの事業って経営計画的にメインにしていいんだっけ?」「そもそもうちの独自性って?」と、一つひとつ咀嚼して、考え抜いていく場面に直面します。
それらを考えるきっかけの時間になる=理念浸透についての自分なりの考えの基盤ができる=後輩などに伝えやすい、わけです。

単に理念浸透となると「やらされてる感」になってしまいがちな企業もあるかもしれませんし、忙しい業務の中、考える時間を割けないかもしれません。

でも、社外のすべての人たちから、ましてや公から「見られる意識」があると、けっこう皆様張り切ってくださるんです。

「これ見られるやつやん・・・!」

「張り切ってくださる度合いが違う気がする」これが、アウターと見せかけてインナーの効果だと感じています。

ファシリテーションの進め方や、企業によってはうまくいかないケースもあるとは思いますが、今はある程度スモールビジネスの企業を対象にお仕事をしているため、そのような進め方がやりやすいです。

そもそもアウター、インナーと切り離して考えるものではないですしね。

とはいっても、成功例に頼らないでまっさらな気持ちで日々に向き合うのがモットーのため、数ヶ月後はまた違うことを言っているかもしれません。

また書きます!